健診のご案内

当センターで実施している各種健診のご案内

特定健診・特定保健指導

特定健診について

特定健康診査機関の詳細情報はこちらからご覧いただけます。

特定健診・特定保健指導とはどんなものでしょうか?

従来の健康診断は生活習慣病やがん等の早期発見・早期治療等を重視して実施してきました。しかし、平成20年4月からはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)該当者と予備群を減少させることを目的とした特定健診・特定保健指導へと変わります。特定健診により階層化されたメタボリックシンドロームの該当者と予備群の方には特定保健指導(動機づけ支援、積極的支援)を行います。

メタボリックシンドロームとは何ですか?

肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であることがわかってきました。
このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を『メタボリックシンドローム』といい、予防・治療の対象として考えられるようになってきました。

どのように変わるのでしょうか?

国は、医療保険者(市町村国保・企業健保等)に対して、40~74歳までの被保険者・被扶養者(奥様やご家族の方も含まれます)を対象とし、メタボリックシンドロームに的を絞った「特定検診・特定保健指導」を行うことを義務付けました。

事業所における健康診断

労働安全衛生法等に基づく健診は、引き続き事業者が実施義務を有します。今まで同様、定期的に健康診断を受診させ、その費用は事業者が負担します。医療保険者は、事業所が実施する労働安全衛生法の定期健康診断結果のうち、特定健診項目分の結果を受け取ることで特定健診を実施したことに代えることができます。

医療保険者による追加健診(人間ドック等)

医療保険者は、保健事業の一環として、人間ドック・成人病健診等を実施しているケースが少なくありません。平成20年度も引き続き実施する場合、特定健診の実施にあわせて行うことが現実的です。この場合、人間ドック等の健診項目に特定健康診査で行わなければならない項目が全て包含されていれば、人間ドック等の実施により特定健康診査の実施に代えることが可能です。

全国健康保険協会管掌保険 生活習慣病予防健診制度についてご存知ですか?

全国健康保険協会管掌保険では、ご加入の被保険者(40~74歳)の方々を対象に健康保持増進のための生活習慣病予防健診を実施しております。この健診は労働安全衛生法における健診項目(特定健康診査項目も)を包含しており、受診者が事業者に結果を示すことで定期健診の受診を免ずることもできます。

受診対象者や健診内容・申し込み方法等に関して、平成20年度より変更がございます。別途、協会けんぽ 熊本支部のパンフレットもご覧ください。生活習慣病予防健診については、国の費用負担がありますので、全国健康保険協会管掌保険に加入の事業所は、当センターへご相談ください。

特定健診・特定保健指導の流れは?

  1. まず、内臓脂肪の蓄積に着目してリスクを判定します。
    (腹囲が男性85cm以上・女性90cm以上の方はハイリスクな対象者です。また、これにあてはまらない方でも、BMIが25以上の人も対象者となります。) ※BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
  2. 血糖値・血中脂質・血圧の各数値、及び喫煙歴から追加リスクを加算します。
    (当然、数値が悪いとリスク数が増えていきます。)
  3. カウントされたリスク数により「積極的支援」「動機づけ支援」「情報提供」の3グループに分けます。
  4. それぞれのグループに対して特定保健指導を行います。
    積極的支援:
    対象者は3~6ヶ月程度の継続的かつ積極的な支援(面接・保健指導・電話や電子メールでのサポートなど)を受け6ヵ月後に、その実績評価を行います。
    動機づけ支援:
    対象者は原則1回の支援を受け6ヵ月後に、その実績評価を行います。
    情報提供:
    健診受診者全員に結果通知時にパンフレット送付・ホームページでの情報提供などを行います。

具体的なリスク判定の数値は次のようになります。

<追加リスク>

  • 血糖
    • a.空腹時血糖 100mg/dl以上
    • b.ヘモグロビンA1c 5.6%以上
    • c.薬剤治療を受けている
    上記に該当する場合、1カウント
  • 脂質
    • a.中性脂肪 150mg/dl以上
    • b.HDLコレステロール 40mg/dl未満
    • c.薬剤治療を受けている
    上記に該当する場合、1カウント
  • 血圧
    • a.収縮期血圧 130mgHg以上
    • b.拡張期血圧 85mgHg以上
    • c.薬剤治療を受けている
    上記に該当する場合、1カウント
  • 上記の3つのリスクで1つ以上に該当し、喫煙歴があれば、さらに1カウント
  • 腹囲男性85cm以上、女性90cm以上の方で
    • 追加リスク数が2以上 ⇒ 積極的支援
    • 追加リスク数が1 ⇒ 動機づけ支援
    • 追加リスク数が0 ⇒ 情報提供
  • 腹囲が上記未満でも、BMI25以上の方で、
    • 追加リスク数が3以上 ⇒ 積極的支援
    • 追加リスク数が1~2 ⇒ 動機づけ支援
    • 追加リスク数が0 ⇒ 情報提供

ヘルスケアセンターが進めていることは?

当センターでは、特定健康診査の結果報告書の作成、階層化はもとより、情報提供・結果及び決済情報の標準的な電子化に対応します。また、総合健診システムを導入し、運動、栄養、ストレスなどの総合評価のもと、個人個人に適した特定保健指導の支援実施計画書の作成、ITを利用した継続支援などを行ってまいります。

特定健診・特定保健指導のパンフレットはこちらから

特定健康診査資料(印刷用PDF)《健診実施医療機関用》

特定保健指導資料《保健指導実施医療機関用》

随時電話にて受付ております。尚、ご希望の日時が重複する場合は調整をさせて頂くことがあります

※詳細につきましては、ヘルスケアセンターへお問合せください。

フローチャート

特定健診に係わる情報作成

料金 ¥620(1人あたり)
  • 厚生労働省標準様式データ作成(XML)
  • 特定健診における情報提供
  • 特定健診結果通知票
  • ▲要保健指導者一覧(希望により対応)